• トップページ
  • 藤野ってどんな所??
  • 里山くらぶって何??
  • ふじのの暮らしぶり
  • 里山くらぶのイベント・お祭り情報

ふじの里山くらぶってなに??

ふじの里山くらぶってなに??

里山の食文化を楽しむ

藤野は傾斜地が多く田んぼが作りにくかったため、かつての主食は小麦だったと言います。うどんを打ち、味噌や梅干し、漬け物などの保存食をどこの家でも手づくりしていました。また、地形や気候を活かしたお茶や柚子の生産が今も盛んに行なわれています。

里山にはたくさんの自然の恵みがあります。山菜や果実、きのこや野草はもちろんのこと、おいしい空気やきれいな水が生活には欠かせません。そして、それらの溢れるほどの自然の恵みを生かす知恵が、今も受け継がれ、暮らしの中に根付いています。

保存食や郷土料理などの里山文化は、その土地土地にある自然と寄り添い、共生してきた暮らしの中から生まれました。

素朴な食の味わいが、飽食の今だからこそ、しみじみ優しく感じられます。

また、近年では、柚子やお茶を活かした特産品も開発・製造されて、観光客を中心に人気を呼んでいます。