• トップページ
  • 藤野ってどんな所??
  • 里山くらぶって何??
  • ふじのの暮らしぶり
  • 里山くらぶのイベント・お祭り情報

ふじの里山くらぶからのお知らせ

2017/01/06 更新 

気候変動の藤野学のワークショップが始まりました!

日本最先端の取り組みが藤野にて始動開始!
気候変動の藤野学のワークショップが始まりました!

去る11月13日(日)秋の紅葉も最高潮で、域内いたるところで様々なイベントが開催されるなか、法政大学サスティナビリティ研究所の白井信雄先生のご指導のもと、15名もの方に参加いただき気候変動の藤野学ワークショップがスタートしました。

ふじの里山くらぶでは既に昨年3~5月にかけて住民参加型で藤野地区の気候変動調査活動を実施していた経緯がありますが、当日はまず白井先生よりこのことも含めて、これまでの取り組みについてプレゼンテーションをしていただきました。

次にそれを受けて「重大性」「緊急性」「確実性」の3つの視点より、気候変動の影響と思われる事例を参加者のみなさんから出していただきました。

主な事例としては、
●集中豪雨による土砂災害や沢の崩壊、保水力低下による増水、
●夏の猛暑、冬の豪雪、
●いのしし・鹿・猿等による農作物への被害、
●鳥獣被害のよる耕作放棄、稲作の時期のずれ、干し柿の不作、
●近隣への熊の出没、ヤマビルによる被害、
等が報告されました。

この次のステップとして、第2回ワークショップではこれらのテーマをさらにブラッシュアップして環境影響評価表作成等を予定しております。今後の展開にご期待ください。 

なお、今後の予定は以下のとうりです。

第2回:2017年1/22(日)13~16時 (藤野中央公民館)
テーマに関する気候変動の影響を考える

第3回:2017年3/19(日)13~16時
藤野中央公民館の予定