• トップページ
  • 藤野ってどんな所??
  • 里山くらぶって何??
  • ふじのの暮らしぶり
  • 里山くらぶのイベント・お祭り情報

ふじの里山くらぶからのお知らせ

2017/06/10 更新 

ふじの里山ウォ-キングアートin綱子 

別天地に感動!「ふじの里山ウォーキングアートin綱子」

3月25日(土)好天に恵まれ、24名の参加者で、「ふじの里山ウォーキングアートin綱子」が実施できました。藤野在住の写真家の三宅岳さんに藤野の菅井・綱子地区にある舟山(576m)を案内していただきました。菅井から舟山に登って綱子に降ました。三宅さんからは道すがら芽吹き始めた珍しい植物や周辺の山々について説明をいただきました。

廃材エコビレッジ

何といっても傍島飛龍さんの“廃材エコビレッジ”に歓声が上がっていました。以前は、工場だった約24坪の建物をいろいろな廃材で装飾したものでした。よくもまあ、これだけの廃材を集めたものだ思うほど種々様々な廃材が使われています。特に、感心したものは雨水の再利用、トイレの排泄物はおが屑にミミズなどを混ぜて農地に利用するなど、まさにエコの施設になっているのです。

奥深い山里の中のビレッジ、藤野地域にまた一つ新しい見学場所ができた思いがしました。ぜひ一見してほしいものです。これからどのように変貌するか楽しみです。次に、傍島さんの万華鏡工房を見学、いろいろな万華鏡があり、その不思議な美しさに見とれていました

森づくり「ツリー-ハウス」

その後、石毛了一さんの森づくりとツリーハウスを見学。石毛さんの住まいから2,30mのところですが、急な山坂を登ったところにツリーハウスがありました。ここまで材料を運ぶのも大変な労力と思われました。このハウスで夜を明かすのも別天地の思いがするだろうと思われました。そこから奥牧野の前川橋まで歩きました。

前川橋は秋山川にかかる約50mの吊り橋です。高さは20mほどで、橋の中ほどからの景観が見事でした。

参加者の声

参加者のアンケートの一部を紹介いたします。

・都心から近いところなのにいろいろな人が住んでいて夢を持ち活躍している。
・バスも通らない山奥で、自分の芸術を夢みて活動する芸術家に感動。
・山道の楽しさ、若い新住民の活躍など感心しました。
・いろいろな催しがあり、面白そうな町だと思う。
・主体的に生きる可能性のある地域だ。 ・改めて自然が豊かで奥深いところだと思った。