気候変動の藤野学

ふじの里山くらぶ「気候変動の藤野学」研修会実施しました

11/14(土)夜、里山くらぶ内部での研修会を実施しました。 休日の夜にもかかわらず14名のメンバーが集まり、コロナ対策を取りながらも、熱気あふれる場になりました。 「気候変動の藤野学」のこれまでの歩みや課題を簡単に共有したあと、 ”では、わたしたち一人ひとりが、(里山くらぶとして)何をしていきたいか、何ができるか”を、こんなアプローチにて、まず個人ワークで考え、それについて全員で共有 […]

2020.11.14 【 オンラインイベント 】さがみはら気候非常事態宣言
~未来のために、今、私たちができること~

令和2年9月30日に相模原市が政令指定都市としては初めて表明した『さがみはら気候非常事態宣言』に関連するキックイベントが開催されます。当団体で「気候変動の藤野学」を担当する野口正明もパネルディスカッションに登壇します。 ご興味・ご関心のある方、ご参加をお待ちしております!!   11月14日開催!【 オンラインイベント 】さがみはら気候非常事態宣言~未来のために、今、私たちができること~

令和 2 年度 気候変動アクション環境大臣表彰受賞のご報告とお礼

このたび、NPO法人 ふじの里山くらぶは「気候変動の藤野学」の活動において、『令和 2 年度 気候変動アクション環境大臣表彰』を受賞いたしましたので、ご報告いたします。 この賞は、気候変動の緩和及び気候変動への適応に顕著な功績のあった個人又は団体に対し、その功績をたたえるため、環境大臣が表彰を行うもので、初代受賞者に名を連ねさせていただいたことを嬉しく思います。 https://www.env.g […]

再出発に向けて〜可能性と課題〜

2019/12/8、台風19号到来の前から予定されていた「気候変動の藤野学」を開催することになった。従来の取り組みの延長線上ではなく、今回の被災からの学びを込めたいと強く願った。 まず、一部の市民だけによる活動から、自治会やトランジションタウンなどとの連携によって、より多くの市民が参加できるようにしたいと考え、自治会の自主防災組織や、今回の災害時に積極的に動いたコミュニティカフェの関係者を招き、彼 […]

台風19号(2019/10/12)による土砂災害

気候変動の影響によるとも言われる台風の頻発化や強大化の傾向は、理解はしていたものの、直接的に身に降りかかるような被災経験はなかった。ところが、異常な量の雨を降らせたこの台風はまったく状況が異なった。 藤野域内の各所で土砂崩れが起き、住民には一斉避難勧告が出され、道路や鉄道は寸断され、まちは一時機能不全の状態に陥った。そして、大変残念なことに、3名もの方が亡くなられた。

第3ステージ<テーマ実践>

 いよいよ最終的な段階として実践のステージに移行することになった。それまでも参加者数は15名前後であり、あくまでも少数の有志による自発的な動きという流れに沿って、自分たちでやれることを中心に考えていくことにした。  例えば、雨量について外部情報だけに頼らず、自家製の雨量計を置いて自宅まわりの雨量と環境変化にどんな相関があるかを継続的にウォッチしているメンバーにならって同様の取り組みをしてみる。ある […]

第2ステージ<テーマ選定>

気候変動の影響事例調査結果を見ながら、次の展開として参加者が「重大性」「緊急性」「確実性」の3つの視点から、向き合うべき優先課題を対話によって特定していった。 その結果、「水土砂災害対応」「鳥獣被害対策」「猛暑に対する健康管理」の3つが優先度の高い課題とされた。参加メンバーは固定式にせず、都度集まれる人によるオープンな場とした。3回のワークショップを通して顔ぶれは少しずつ変わり、議論の一貫性が心配 […]

第1ステージ<実態調査>

それでは、各ステージがどのような取り組みであったのかを、もう少し詳しく見ていくことにしよう。 <気候変動の影響事例調査> 気候変動の影響事例調査票は「いつ頃から/どんなことが/どの場所で起きており/その原因や対策」についても回答するような形式であった。それに答えられるのは、やはり地元に長く暮らす人たちが中心で(藤野は人口の約半数が移住者)、一つひとつの調査票が丁寧に記述された。  この調査結果を分 […]

2016年春〜2019年までの取り組み

これまでの展開は、大きく3つのステージに分けられる。 <「気候変動の藤野学」これまでの概要> 第1ステージは、過去から現在における気候変動の影響が、地域の環境や暮らしの中にどのように現れているのかを、参加する地域住民が調査票にもとづいて個々に記述し、その結果を整理した。 第2ステージは、その調査内容をもとに、基本的な段取りに沿ったワークショップを実施し、これから取り組むべき優先課題を3つ選定した。 […]

「気候変動の藤野学」とは

「“気候変動の地元学”を藤野でやってみませんか?」というお誘いを、白井信雄先生(当時、法政大学サステナビリティ研究所教授、現在、山陽学園大学地域マネジメント学部教授)からいただいたのが2015年の終わり頃。  「気候変動」の課題は、国や自治体あるいは企業レベルで取り組むべきものという認識があった。それに対し、「地元」という暮らしに紐つくニュアンスの言葉がアンバランスに感じられたが、おもしろそうだと […]