4月10日森の再生活動イベントまであと数日となりました

『令和2年度 気候変動アクション環境大臣表彰』を受賞した「気候変動の藤野学」

今までの5年間の取り組みで、重要テーマのひとつとして設定された「土砂災害」について、市民レベルでの具体的なアクションをスタートします。

森の本来もつ機能を、人の手で再生させる。

「え?そんなことができるの?」

と、疑問に不安に思うところだと思いますが、実際に小さなシャベルひとつでも始められるくらい、実は気軽にいつでもできるもの。

だけど、知らないからできない。

だけど、知ってしまった途端に、身近な山を見る目が変わる。

今まで気にしていなかった、木の幹や枝、地面の状態に、なぜか不思議と意識が向くようになるんです。

とにかく一度、現場(森)に来て作業をしてみると良さそう。

実際に作業をしてみると、その時間は集中して無心になるので、作業後の開放感も得られたりしますよ。

イベントの詳細はこちらのFacebookページからご覧ください。

https://www.facebook.com/events/162671529039385

第1回のイベントは、上野原在住の矢野智徳さん(大地の再生の第一人者)による講義と実技を直接体験できる場です。

日頃から大変お忙しく日本を飛び回っていらっしゃる方が、直接、山や森を見て感じることを話し、その場で様々な処置を施していく過程を実際に見て、一緒に作業できる機会はなかなか無いと思います。

まだ当日までお時間ありますので、↑ページからご参加お申込みください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA