体験会の打ち合わせと土留め&点穴掘り作業

昨日(5/2)、森の再生活動の「体験会」内容をまとめるためにCoToLiの森で打ち合わせを行いました。

6月に講師の方を呼んで開催する「がっつり森の再生作業」ではなく、今までに何かしらでこの活動を認知していて「どういうものなのか、まずは体験してみたいな」と思っている方向けに

「まずは森に来てみて、気楽に作業してみる。そして、森の空気や環境を楽しんでもらう」

ことを目的に、開催してみることにしました。

午前中は参加者みんなで作業を体験し、お腹が空いたところで森のBBQ。そのあとは木のスプーン作りなり、森の中を散策なり、物足りない人は更に作業など、友人やご家族みなさまで楽しんでいただけるものと思います。

詳細は改めて、イベント情報としてご案内しますのでしばらくお待ちください。

打ち合わせのあと、以前から気になっていた道路添いのコンクリート擁壁に上がって様子見&作業を実施。

コンクリートの際には根っこだらけで土はあまりなく、湿り気が強く、葉が腐って堆肥のように溜まっている状態でした。

その上の斜面は土がむき出しになってボロボロ。

もし激しい雨が吹き付けたら、木の根がむき出しになっているところの土は更に削られ、木が倒れてくるに間違いない!と、みなで危機感を共有。

今できることをやろうと、コンクリート擁壁と土の境い目に点穴を開け、斜面には小さい土留めをいくつか作りました。

まだまだやることがたくさんです。汗