• トップページ
  • 藤野ってどんな所??
  • 里山くらぶって何??
  • ふじのの暮らしぶり
  • 里山くらぶのイベント・お祭り情報

ふじの里山くらぶからのお知らせ

2013/05/28 更新 

歴史的建造物保全・活用先進地視察を行いました

ふじの里山くらぶは横浜国立大学、相模原市との協働事業で、藤野地区の歴史的建造物

を調査しております。5月9日(木)には、先進地を視察し学習しようと小田原市の清閑亭と藤沢市の蔵前ギャラリーを視察しました。明治時代に活躍した黒田長成の別荘だった

清閑亭は、NPO法人の小田原まちづくり応援団(金山麻美理事など)が管理運営を行っています。当日は、地元のつるし雛づくりのサークルの人たちが活動していて、見学者も大勢いました。コーヒーや抹茶なども注文できました。

藤沢市にある蔵前ギャラリーは米屋さんの店舗をギャラリーとして使用していました。

天井も高く重厚観のある空間で和室も千本格子や欄間が歴史を物語って落ち着けるところでした。この米屋さんをギャラリーとして甦らせた佐野晴美さんが説明してくださいました。

また、善行雑学大学の宮田英夫さんに遊行寺近辺の古民家を案内していただきまし相模原市関係者5名、里山くらぶから12名の参加があり、有意義な視察ができこれからのかつどうの参考になるものばかりでした。お世話になった方々にお礼申します。

歴史的建造物保全・活用先進地視察