藤野プレーパーク

子ども場マップ

冒険遊び場 ケガと弁当は自分持ち

藤野プレーパークは、この自然豊かで多様な人たちが集う地域にプレーパーク/冒険遊び場を確立していきたいと、2021年夏に活動を始めた任意団体です。

相模川に面し、山主さんや地元の方々が何年も掛けて整備されてきた「なぐら湖畔の森」を中心に、月2回程度、主に土曜日に開催しています。

子ども達が過剰なルールや禁止事項に縛られず、好奇心や創造性のおもむくまま自由に遊べるように、大人達が一緒に見守り、楽しむ場を提供します。

もちろん元気に動き回る子も多いですが、読書や編み物、お絵描きなど、みんな思い思いに過ごします。

プレーパーク/冒険遊び場は、1943年にデンマークで作られた「がらくた遊び場」が始まりと言われています。日本では1979年、東京世田谷の「羽根木プレーパーク」が日本初の常設のプレーパークとして誕生し、現在全国で450以上の団体が活動しているようです。

日本冒険遊び場づくり協会HPより

プレーパークでは「ケガと弁当は自分持ち」「Better a broken borne than a broken spirit(心が折れてしまうより、骨が折れてしまう方がずっといい)」が合言葉です。

活動をサポートしてくれる方、ちょっとしたワークショップなどしてくれる方も大歓迎です。

ご利用案内

  • 日時:月に2回不定期(主に土曜日)開催、10:30~17:00
  • 場所:主に『なぐら湖畔の森』
  • 参加費:無料
    ドネーション歓迎!
  • 駐車場:あり
    大刀駐車場(倉田自動車横、別名園芸ランド駐車場)をご利用ください
  • 対象:参加制限はありません。
    乳幼児から高齢者まで、お住まいや国籍、バックグランド問わず多様な方が集っています。
    初めての子も親も溶け込みやすい雰囲気です。
  • 服装:蜂など虫類、蛇、ケガ、かぶれなどのリスクがありますので、長袖長ズボンをお勧めします。
    森の中はほぼ日陰なので帽子は必ずしも必要ではありませんが、ケガや寒さからの防護にはなります。
    裸足や草履で走り回る子もいますが、滑りにくく走りやすい運動靴をご検討ください。

ギャラリー

メッセージ

かおるんるん(代表)
かおるんるん(代表)

私自身、3人の子どもを抱える現役子育て世代ですが、ずっと世田谷のきぬたま遊び村やプレーパーク、自主保育サークルなどで思う存分遊ばせてもらい、救われてきました。そういう場を藤野でも実現したいという思いでやっています。世代も性別も国籍も、地元・移住、公立・私立も関係ない、誰もが楽しい場にしたいです。

五月(副代表)
五月(副代表)

藤野は山や森はあるけど、気軽に集えたり交流できる公園がない!ということで、孤立する母子や地域の大人や子どもの場所としてプレーパークを立ち上げようと、藤野に来た8年前から思い続けてきたことが少しずつ形になってきました!昨年山田夫妻とともに相模原市プレーリーダー養成講座を修了しました。もっと開催頻度も上げたいし、皆で一緒に遊び場づくりしましょう! 

参加者(子ども)
参加者(子ども)

今まででいちばん楽しかった! 

参加者(大人)
参加者(大人)

こういう場があって本当にありがたいです。また来ます! 

お問い合わせ・運営情報

名称藤野プレーパーク
所在地開催日時により異なる
主催山田薫(代表)・一郎、須藤五月・崇行、黒瀧るみ子、石井清
設立2021年7月
WEBhttps://fujinoplaypark.localinfo.jp/
Facebookhttps://www.facebook.com/fujinoplaypark
Instagramhttps://www.instagram.com/fujino_playpark/
MAILfujino.playpark@gmail.com
タイトルとURLをコピーしました