【ふじの里山通信】第28号をお届けします!(2021/07/04発行)

「ふじの里山通信」は、くらぶの活動や地域の情報について、数ヶ月に1回のペースで紙面発行していたものです。今後は情報更新と発信の頻度を高め、より多くの方にご覧いただけるよう、@fujinoのWEBサイトにてお知らせして参ります!

なお、紙面での発行も継続して参りますので、準備ができ次第、里山くらぶ会員の皆さまには郵送させていただきます。

それでは、以下ご覧ください〜

藤野の気候変動を考える会 第1回を開催しました!

藤野地域で起きている気候変動とそれによる影響について、住民の方から情報を集めて共有し、住民自らが防災や環境保全の行動へ役立てていただくため、「気候変動の藤野学」として2016年から活動してきました。

2021年度は、数ヶ月おきに話し合いの場を設けていく予定です。その第一弾として、6月26日㈯に藤野中央公民館で「藤野の気候変動を考える会」を開催させていただきました。

小池栄一郎さんから2019年の台風19号による土砂災害体験を語っていただき、そのあとは藤野地域の雨量測定を防災に役立てるための手段をグループディスカッションしました。

当日のレポートはこちら↓です。

【レポート】藤野の気候変動を考える会2021年第1回が開催されました

新型コロナウィルス流行の影響で2019年12月以来対面での活動を控えてまいりましたが、6月26日㈯午前10時から、藤野中央公民館の3階大会議室で2021年度の第1回目の話し合い…

小池さんの講演動画はこちらをご覧ください。

森の再生活動

6月19日に大地の再生 関東甲信越 から藤井麻紀子さんにお越しいただき、秋山CoToLiの森で大地(森)の再生活動を行いました。当日の活動レポートはこちら↓からご覧ください♪

なお、この森の再生活動は毎月開催しています。次回は7月24日㈯の作業DAYです。詳細が決まりましたら改めてWEBサイトやFacebookページなどでお知らせします。

【レポート】6月19日㈯森の再生活動 | 気候変動の藤野学

開催の数日前から雨天が心配されていましたが、朝から少量の雨が降る程度にとどまり、朝から夕方まで屋外でのフィールドワーク(講義)と実践(作業)を行うことができま…

吉野宿ふじやで「小渕村の昔むかし展」を開催します

吉野宿ふじやの活性化事業として、7月末〜8月末まで「小渕村の昔むかし展」を開催します。甲州道中小渕地区の三柱神社・藤野神社の歴史や、諸角家に伝わる古地図や「引き札」(商店のポスター・チラシ)などを紹介します。

「吉野・大房豆腐店」の引き札
  • 開催期間:2021年7月25日㈰ 〜 8月28日㈯ 
  • 開館時間:10:00 〜 16:00
    月曜日は休館です。
    ただし8月9日㈪は開館し、代わりに8月10日㈫が休館となりますのでご注意ください。
  • 場所:吉野宿ふじや(入館無料)
    相模原市緑区吉野214
    TEL:042-687-5022
  • 主催:相模原市立博物館
  • 協力:藤野古文書を読む会、藤野観光協会、藤野商工会
  • 企画・運営:特定非営利活動法人ふじの里山くらぶ  

第1回さとやまサミットを開催しますよ〜

地域資源の活用と地域の発展のため、住民や企業・団体のみなさまが様々な情報やアイデアをシェアして話し合える場を作っていければと思い、「さとやまサミット」を定期的に開催していくことにしました。

8月28日㈯または29日㈰で開催できるように準備を進めていますので、内容が決まり次第、WEBサイトやFacebookページでお知らせいたします。お楽しみに(^^)

2021年度の事業方針について

2021年6月15日㈫に開催した理事総会にて、今年度の事業方針や事業を決めました。

近年、藤野というまちは多様なライフスタイルやコミュニティの形成が充実していく一方で、各団体や移住者・地元住民間の「より広い繋がり」へのニーズが顕在化しているように感じています。芸術のまち構想から35年が経ち、多様な人たちが集まってきたこの藤野において、それぞれが考える「地域資源を活かしたまちづくり」を発展させていくため、ふじの里山くらぶは地域の団体や人をつなぎ支援するコーディネーターとして、いろいろな人たちが交流し、活躍できる場作りに努めていきたいと思います。

ということで、今年度の主な取り組み3点を紹介します!

  1. 地域で活動する各団体とのネットワークづくり
    各団体へ主体的に関わり最新の情報や意見交換に努め、地域で求められていることや解消すべき課題への対応を協働で検討して、地域活性化に努めます。
  2. 会員が主体的に参画できる環境づくり
    会員や社員との交流の場を設けて、里山くらぶの活動への参画を呼びかけ。それぞれのアイデアや意見、行動力を加え、新しく楽しい事業や場を創ります。
  3. 「気候変動の藤野学」による住民の自然災害への意識と行動変容
    2019年10月の台風19号による被害を受け、住民の自然災害に対する防災・減災の意識は高まっています。今年度は「具体的な行動」テーマに、住民が自分の住む地域の状態を知り、どのように対処すべきかを自発的に考え、行動していけるようにしていきたいと思います。そのために、気候変動の調査や話し合い、専門家を招いての講演や研究などを計画していきます。

その他、来年3月までに予定している事業やイベントは以下のとおりです。詳細は、適宜WEBサイトやFacebookページでお知らせします。

7月・7/25㈰〜8/28㈯:「甲州道中小渕村の昔むかし」展@吉野宿ふじや
8月・8月末:さとやまサミット第1回
9月
10月・10/23㈯〜12/5㈰:「いまきみち・西村繁男・にしむらあつこ」絵本原画展@吉野宿ふじや
・10/30㈯:ふじの里山ウォーキング
11月・11/20㈯:第18回ふじの里山古民家ツアー
・11月未定:八王子いちょう祭り(出展)
12月
22年1月
2月・2/12㈯〜3/13㈰:「甲州道中(相模湖・藤野・上野原)のおひな様」展
3月・3/19㈯:ふじの里山ウォーキング

編集後記

今年はいつになく、様々な花が元気に咲いているのが目立ちます。特にこのゴールデンウイーク頃に目立ったのが「藤の花」です。聞くところによると、藤野はそのむかし「ふじのはら」と呼ばれていたとのことですが、そのことを実感する元気な藤の花でした。(つよし)

雨量計測は機械を使わなくてもバケツでできる。 衝撃でした! 里山メンバーさんたちが蓄積してきた藤野の記録、共有できるようにしてゆきたいです^^(新入理事まゆみ)